AGA(男性型脱毛症)とは一体何なのか?その原因を探る

なぜAGAになるのか

抜け毛や薄毛の大きな原因として、男性ホルモンであるテストステロンが大きく関係しています。

この物質は前頭部や生え際などに多いとされておる5αーリダクターゼ還元酵素と結びつくことによってAGAの大きな原因物質となるDHTという物質に変化します。

このホルモンは強力な脱毛作用を持ち、髪の毛の毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターに作用することで髪の毛や頭皮に対して脱毛命令が下され、結果的に発毛サイクルが乱れ抜け毛や薄毛につながるとされています。

5αリダクターゼは優性遺伝をすることから、発症するかしないかも個人差があるとされています。

AGAの症状

一口にAGAと言っても実は様々な種類があるとされており、発症後の進行度合いにも個人差があるとされています。

脱毛していく個所によって種類が異なるとされており、一般的に東洋人に多いとされる額の生え際から前頭部のこめかみの部分、頭頂部まで薄毛が広がっていくA字(U字)タイプ、剃り込みを入れたように薄毛になっていくM字タイプ、頭の真ん中だけが薄くなるいわゆるザビエル型とも言われるO字タイプなどがあります。

また、これらにタイプがいくつか同時に起こる「複合タイプ」などもあるとされています。

薄毛の進行のの仕方はそれぞれですが、最終的には後頭部と側頭部のみが残った状態となることが多いようです。

AGAのセルフチェック法

自分がAGAなのか老化によって出てきた症状なのか気になる人も多いことかと思われますが、AGAのセルフチェックとしては、若い頃や一昔前に比べて髪の毛のボリュームが減ってきた、あるいは抜け毛が増えてきたという人は要注意と言えます。

その他にも、生え際の後退が以前に比べ著しくなってきたという人もAGAを発症している可能性があるかもしれません。

母方のきょうだいや祖父などが薄毛であるなど、親族の中でも母方の家族が薄毛の場合はあなた自身も薄毛になる可能性が高いと言えますので、早めに対処して回避していくのが望ましいと言えるでしょう。

AGAではない抜け毛・薄毛もある

薄毛と言っても何もAGAの発症だけが原因で脱毛となるとは限りません。

AGAとは異なる薄毛としては、皮脂分泌の異常による脂漏性皮膚炎からの脱毛症や、自己免疫疾患が原因となる円形脱毛症などによって薄毛になることもあります。

AGAの発症原因がDHTであるのに対し、これらの脱毛症は原因が異なるため症状に見合った根本的な治療をしない限り改善しないことが考えられます。

AHAの治療を施したところで効果がない場合もありますので、きちんと専門医の受診して治療をしていくのが良いと言えます。

同じ薄毛であっても原因によって治療法が異なりますので、その脱毛症に見合った治療をしていくのが良いと言えます。