AGA治療の前に、自分でできる対策に取り組んでみよう

薄毛対策向けのシャンプーを使ってみる

薄毛の原因にはさまざまなものがありますが、主要原因の1つとして頭皮の状態があります。

普段の洗髪で、頭皮に付着した汚れや皮脂などが洗い落とされていないと、毛穴に皮脂などがたまってつまってしまい、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

毎日、頭皮の状態を良好に維持するためには洗髪の仕方が重要です。

まずは、ぬるま湯で髪の毛だけでなく頭皮もしっかりぬらし、汚れや皮脂をできるだけ洗い流します。

また、皮脂をしっかり洗い流すことができるスカルプシャンプーがおすすめです。

髪の成長に必要なアミノ酸などの栄養分も配合されているため、洗髪の際に毛根から栄養を吸収させることができます。

育毛剤と頭皮マッサージで血行改善

頭皮の血行が悪いことも、薄毛の原因の1つ。

血行が悪いと、髪の毛の成長に必要な栄養分の供給が不十分になります。

血行をよくするためには毎日のマッサージが有効です。

ただ適当にやっても効果がないばかりか、頭皮を傷めるだけです。

頭皮をごしごしこするのではなく、指の腹で頭皮を揉むようにするとよいでしょう。

もう1つの対策は、育毛剤です。

さまざまな種類がありますが、大きくわけるとミノキシジルなどの育毛成分を含み、積極的に発毛させるものと、育毛成分は含まず、血行促進成分を中心に配合されているものがあります。

前者は発毛効果が期待できますが、価格が高いのが難点です。

予算などに応じて選択しましょう。

サプリメントを服用してみる

シャンプーで頭皮のよい状態をいつも維持し、また、毎日頭皮をマッサージすることにより頭皮の血行を促進しても、髪の毛の成長に必要な、肝心の栄養分が不足していては、毛根に届く栄養分が少なくなり、髪の毛はなかなか太くなりません。

このような栄養素は、本来、毎日の三食の食事で摂取するのが好ましいのですが、仕事などで忙しい人には難しい場合もあるでしょう。

食事で十分摂取できない場合はサプリメントで補うことも検討しましょう。

必要な栄養素としては、まずは、髪の毛のもととなるタンパク質です。

その他、ビタミンやミネラルも積極的に摂取することを心がけましょう。

生活習慣の改善を試みる

薄毛のもう1つの大きな原因は生活習慣です。

まずは、ストレス。

体の不調をきたすだけでなく、頭皮の活動にも栄養を及ぼします。

普段の生活でため込まないよう、また、リラックスを心がけましょう。

次に、髪の毛の成長に必要な栄養素は、普段の食事でしっかりと摂取。

また、摂取した栄養素を髪の毛に届け、髪の毛の成長を促すため、睡眠はしっかりととるべきです。

タバコは髪の毛についても百害あって一利なし。

禁煙を心がけましょう。

飲酒については、アルコールは血行を促進するなど適量であれば効果がありますが、飲み過ぎは厳禁です。