プロペシアによるAGA治療の効果とデメリット

プロペシアによる治療の効果・メリット

髪の毛は普通、成長期・退行期・休止期と毛周期を繰り返しています。

そのうちの成長期が短くなり、休止期の毛が多くなることで薄毛は起こります。

その原因となるのが男性ホルモンDHT・ジヒドロテストステロン。

毛乳頭細胞と結合し増殖抑制因子が誘導されるのです。

プロペシアはDHTの生成に関わる酵素・5-aリアクターゼ を阻害する役割を持つため、毛周期が正常に戻り、薄毛の進行を止める効果を持つのです。

ちなみに、リダクターゼにはⅡ型もありますが、プロペシアが抑制するのはⅠ型。

Ⅱ型よりも薄毛改善により効果があると言われています。

プロペシアのデメリット

使い続けることで薄毛に効果の高いプロペシアですが、デメリットもあります。

腹痛や下痢・頻尿・性欲減退など副作用も多いのです。

服用し始めたことで逆に抜け毛が増える初期脱毛もあります。

とはいえ、これは効果が現れ始めた証拠です。

そこで服用を中断してしまうのではなく継続しましょう。

プロペシアは妊娠中・授乳中の女性にとっては禁忌薬。

触れるだけでも皮膚からその成分が体内に入り、胎児や乳児に大きな影響を及ぼすと言われています。

そのため使用する際には決して女性には触れさせないよう、取り扱いに十分注意してください。

プロペシア治療の費用は?

プロペシアは大体6ヶ月くらいは少なくとも継続しなければその効果は実感できません。

AGA治療というのは自由診療のためその値段はそれぞれ異なり、安ければ1万円以下、高いところだと3万円以上請求される場合も。

高すぎて続けるのが困難だというのであれば同じ成分が入ったジェネリック医薬品を購入するのもよいでしょう。

海外から逆輸入すれば、更に安く手に入ります。

とはいえ、入手先には気をつけて信頼できるものを手に入れましょう。

そうでないと成分が含まれていなかったり、副作用が強く出たりといった危険性もあるからです。

どこで購入すればいいの?

安心安全にプロペシアを手に入れたいというならクリニックや病院がおすすめです。

必ずAGA専門のところを探しましょう。

安く手に入るのはインドやアメリカなど海外のジェネリック品を逆輸入する方法。

とはいえ、そのような商品で健康被害にあってもそれは自己責任です。

いずれにせよ、手に入れたプロペシアは用法用量を守って正しく使用しましょう。

大量に服用したからといって効果がアップするわけではなく、逆に副作用が強くなるだけです。

毎日規定の量を続けることが薄毛解消の近道です。

尚、服用をやめれば5-aリアクターゼを阻害するものがなくなるため、また薄毛の進行が始まります。