発毛から植毛まで。薄毛対策の特徴と効果

発毛で薄毛対策

薄毛対策の一環としてよく名前が挙がるのが発毛治療です。

これはその名前の通り、毛が発生するのを促すための治療であり、具体的には頭皮のコンディション作りをするのが治療のベースです。

毛穴に詰まりがちな皮脂や整髪料などを毎日のシャンプーできちんと取り除き、新しい髪の毛あ生えてきやすい土台作りを行います。

頭皮をマッサージして柔らかい状態に保つことで、毛穴から新しい命が誕生しやすくなります。

発毛に効果的な成分がたくさん配合されたシャンプーや育毛剤などを日々のお手入れで使用すれば、若々しい頭皮を取り戻すことも夢ではありません。

育毛で薄毛対策

育毛とは今生えている毛を大切に育てることを指して言います。

基本的に発毛と同じよう、頭皮を清潔に保つことが重要です。

また、既に生えている貴重な髪の毛が抜けてしまわないよう、生活習慣に気を付けることも忘れてはなりません。

具体的には抜け毛の原因となる過度のストレスを軽減することから始めていきます。

喫煙している人は髪の毛のために禁煙にチャレンジすると良いでしょう。

他にも食生活の見直しや睡眠時間の確保が重要となります。

仕事が忙しくても自分が出来る範囲で健康的な暮らしにシフトチェンジしていくと既に生えている髪の毛に良い影響を与えられます。

増毛で薄毛対策

髪の毛を増やしてボリュームアップすることを増毛と言います。

ナチュラルな見た目を目指すならば今生えている髪の毛の根元に人工的もしくは自分の他の場所から採取した髪の毛を結び付けていきます。

すると頭を動かしても髪の毛が取れないため自然な見た目をてにすることが可能です。

また、手っ取り早くボリュームアップしたい時にはカツラを利用するのも良いでしょう。

部分的に使用するものから全体的にヘルメットのような形のものをかぶってしまえば広範囲の薄毛を一度で大きくカバーすることが出来るため、若々しい見た目に生まれ変わることが可能です。

植毛で薄毛対策

植毛は増毛に似ていますが、自分の頭皮に予め採取しておいた自毛を移植していきます。

頭皮に特殊な器具を使って髪の毛を田植えの如く植えていくため、治療中にやや痛みを感じることもあります。

どの範囲に植えていくのかは自分の希望と医師のアドバイスを総合的に検証し、なるべく見た目が自然になるよう治療をしていくと良いでしょう。

きちんと定植すれば治療後に健康的な髪の毛が増えることとなるため、一気に若々しい見た目が手に入るでしょう。

若いけれど薄毛が多くて頭髪が少ない人や、加齢によって額や生え際が後退してしまった人におすすめです。